サイトでチェック

花嫁

ガーデンウェディングの魅力は、オープンエアならではの開放的な雰囲気と言われています。
近年、ガーデンで挙式するカップルが増え始め、今後も増えていくと予想されています。
しかし知っておきたいのは、このスタイルは天気に左右されると言うことです。
ですから、雨が降ったらどうするかの二次プランを考えておきましょう。
また、暑すぎる日や寒すぎる日もガーデンウェディングには不向きです。
日差しが強い7月や8月と冬の時期を除いた、4月から9月の間にガーデンウェディングを行うことです。
この挙式スタイルを選ぶと、食事は立食になることがほとんどなので、年配の招待客が多い場合は、出席者数の半数以上のイスを用意しておきましょう。

ガーデンウェディングは、開放的な環境の中で行うため、招待客がまとまらない時もあります。
屋外から屋内への移動の際、少しばらついてしまって、式やパーティーが中だるみしがちです。
そうならないために、司会者や会場スタッフがきちんと招待客を誘導することで、移動するにもメリハリがつきます。
ガーデンの特徴を活かして、食事はバーベキューやロースとビーフを切り分けたりと言った、イベント的なことを取り入れるのもいい方法です。
焼き立てを食べてもらえのは大きなメリットと言えます。
招待状には、ガーデンウェディングで行うと言うことをしっかり明記しておくことも大切です。
事前に分かっていれば、それなりの心構えで行くことができます。